+Career

挑戦の保険営業職。 フィールドワークで得た コミュニケーションを強みに 人生に寄り添える人に。

住友生命保険相互会社 内定

地域創造学部 地域創造学科 4年

上田 日那さん

兵庫県立鳴尾高等学校 出身

(取材内容は2019年3月時点のものです)

座学と実践の繰り返しで、
学びの理解度が格段にアップ。

旅行が好きで、興味関心のあることを学びたいと思い地域創造学部に進学しました。多彩なフィールドワークが魅力で、印象深く残っている学びです。例えば、伝統的建造物群保存地区の学びでは京都の産寧坂を訪れました。昔からある現地のお土産屋さんへ行き、“どのような規制があるのか”や“活性化への取り組み”などをヒアリング。その場所で生活する方々が抱いている思いや、地域が直面している課題を把握することができ、座学では得られない学びに社会の中で学ぶ意義を実感しました。他にも、嵐山や大分の湯布院を訪問。フィールドワークでは、事前に講義で知識を養い、現地で学んだ後も学内でその成果を整理・共有します。点と点を線で結ぶように包括的に学べるカリキュラムが整備されていることも魅力の一つ。学びを社会で活かす力に変えることができたと実感しています。

一人の女性との出会いがきっかけで、
キャリアプランが明確に。

旅行業界をめざし就職活動を行っていましたが、思うような結果が得られず悩んでいたとき、合同企業説明会で内定先の企業に出会いました。そこでは女性の営業の方が、やりがいを持って仕事に取り組んでいることや、女性としてのキャリアプランを生き生きとお話しされていました。結婚や出産を経ても仕事を続けたいと思っているので、その方が働く女性のロールモデルになり、将来の方向性を見出せた瞬間でした。何度も取り組んだフィールドワークで人とかかわることに楽しさを感じたので、営業職への挑戦を決意しました。ヒアリングなどを通して磨いた聞く力や、相手の思いを汲み取る力も営業としての強みにしたいです。保険営業は、お客さまの人生にかかわる責任のある仕事。親身に寄り添える生涯パートナーを目指します。

検索結果にもどる