+Career

ゼミ、海外留学、部活… すべてが自分らしく 生きていくための糧になる。

エプソン販売株式会社 内定

経営学部 マーケティング学科(現:経営学科) 4年

松田 幸太さん

大阪府・大阪学院大学高等学校 出身

(取材内容は2019年7月時点のものです)

迷ったらツラい方を選べ。
この教えが、私の生き方を変えるきっかけに。

1年次からサッカー部のレギュラー入りを果たした私は、3年次の海外留学でさらにステップアップできました。セミプロの選手として現地のチームと契約したことで、これまで以上に責任感を持って試合に臨むようになったのです。帰国後はサッカー部の副キャプテンに就任。その後はキャプテンにも選ばれ、部員の指導や対戦チームとの関わりなどを通じて、リーダーシップやコミュニケーション能力を身につけた自信があります。
サッカー部の運営を行う上でお手本としたのが、ゼミの担当であり、サッカー部の部長でもある水野先生です。物事に対する考え方や姿勢など様々なことを学びましたが、特に印象的な言葉が「迷ったらツラい方を選べ」。人前で話すことが苦手だった私が弱点を克服できたのも、この教えを実践してきた結果だと感謝しています。

社内外を問わず多くの人々から
「あなたにお願いして良かった」と言われたい。

就職活動に関しては、業種や職種にこだわりがなく、居心地のいい会社=自分らしさを活かせる会社を探すところからスタート。追手門学院大学OBのおられるエプソン販売株式会社の座談会に参加した際に人間関係の良い企業という印象を受け、企業研究を行ううちに同社の商材であるOA機器に関心を持つようになったのです。水野先生に相談すると、私自身が見つけて決めた企業であること自体を高く評価されました。「面接では自分の言葉で話すように」などの的確なアドバスをいただき、おかげで内定を獲得できました。
入社後は、大学の4年間での学びを存分に活かした、企画提案型の営業を実践できる自信があります。自社の製品を通じて豊かな社会づくりに貢献すること、社内外を問わず多くの人々に「松田さんにお願いして良かった」と言われることが目標です。

検索結果にもどる