+Education
+WIL

社会の中で学ぶ経験は、 将来の進路に向けて 大きく成長できるチャンス。

国際教養学部 国際教養学科 3年

青西 寛哉さん

滋賀県・滋賀学園高等学校 出身

橋本 将希さん

大阪府立高石高等学校 出身

鈴木 加奈子さん

愛媛県立三島高等学校 出身

(取材内容は2018年12月時点のものです)

小学生の英語学習をサポート。
コミュニケーションツールとしての英語力向上が目標に。

吹田市立千里丘北小学校の外国語活動の一環として行われている「千北いきいきマーケット」に参加し、“小学生が楽しく英語を活用できる”ことをコンセプトとした「イングリッシュ・ショップ」を出店しました。英語で歌って踊るカラオケルームや、英語発音での動物の鳴き声から何の動物か当てるクイズなどを企画し、英語学習をサポートしました。
タブレット端末を活用したり、学年に応じて英語レベルを変えたりしたことで、全学年の子どもたちに楽しんでもらうことができ、小学校の先生方から高評価をいただきました。また、「千北いきいきマーケット」での共通言語は英語に設定されていたため、子どもたちとも英語でコミュニケーションをとる必要があったのですが、小学生に伝わる英語を意識することで、コミュニケーションツールとしての英語を改めて認識することができました。この経験によって、社会の多様なシーンに対応できる英語運用能力を身につけることが目標になり、学習意欲がさらに高まったと実感しています。

教育現場で小学生と一緒に過ごしたからこそ、
英語教育に大切なことを実感できた。

国際教養学科では3、4年次に、全学生が将来のキャリアや興味・関心に基づいて、オリジナルの学びを企画し実践します。これまでに、中学生の英語プレゼンテーションの指導補助や、留学生とのディスカッションなど、さまざまな学びが展開されており、千里丘北小学校での活動もその一つです。現在、小学校教諭を目指しており、小学生用の英語の教科書づくりに取り組んでいますが、今回の活動を通して、文法や英単語など知識を分かりやすく教えるだけでなく、英語を実際に使い身体で覚える学びの大切さを身をもって実感しました。子どもたちに英語の楽しさを伝えながら、自分たちが英語学習の本質を考える時間となりました。実際の教育現場だからこそ得られた成果がたくさんあり、社会で学ぶ意義を感じています。

検索結果にもどる