+Education
New

追手門学院大学の専門的・ 実践的な心理学で、 自分の夢が明確に。

心理学部 心理学科 3年

和泉 杏さん

大阪府・梅花高等学校 出身

(取材内容は2019年1月時点のものです)

幅広く基礎を学んだ上で、より専門的なコースを選択。
心理学をしっかり学びたい人にお勧めです。

全国に心理学を学べる大学はたくさんありますが、実は「心理学部」としてしっかり学べる場所は多くありません。追手門学院大学は、「心理学コース」ではなく「心理学部」を置いている数少ない大学です。臨床心理学や社会・犯罪心理学など、幅広い心理学の基礎を身につけ、その後専門的なコースに分かれてしっかりと学びを深めることができます。私は臨床心理学コースを選択しましたが、最も印象に残っているのは心理面接練習の授業で、生徒同士がセラピスト役とクライエント役に分かれて模擬カウンセリングを行う実践的な学びが展開されます。そこでは傾聴することの大切さや相手の目線に立って物事を考えることを学びました。ここでの学びは実際にアルバイトで活かされていて、塾の講師や放課後デイサービスで子どもと関わる際、彼らの本当の気持ちを理解することに役立っています。

かつての自分のように、悩んでいる中学・高校生に寄り添いたい。
まずは臨床心理士・公認心理師資格のダブルライセンスを目指します。

私が心理学部を選んだのは、中学・高校時代に友人関係で悩んだ経験があったからです。当時を振り返ると、中高生は不安定な時期で、自分の居場所を確立しにくい時期だったと感じます。追手門学院大学で心理学を学ぶことで、私がやりたいのは「人の心に寄り添うこと」であると改めて実感しました。今後は大学院に進んでより専門的に学びを深めたいと思っています。現在の目標は、院に進んで臨床心理士と公認心理師資格のダブルライセンス取得することで、いずれは自分が通っていた高校に戻り、かつての自分のように悩みを抱える子どもたちに寄り添えるカウンセラーとして働きたいと考えています。

検索結果にもどる