+Career

大学で得た学びを活かし、 夢であった鉄道会社から 内定をいただくことが できました。

あいの風とやま鉄道株式会社 内定

地域創造学部 地域創造学科 4年

西村 太晴さん

兵庫県立尼崎北高等学校 出身

(取材内容は2019年1月時点のものです)

卒業論文執筆や実習で学んだ考察力・調査力。
学びが就職活動で役立ちました。

鉄道や旅行が好きで追手門学院大学の地域創造学部を選択し、就職活動では鉄道会社や旅行会社を中心に受けていました。就職活動を振り返ると、卒業論文執筆のために調べたことが役立ったと感じます。私は富山県の鉄道会社を事例に、地域の人々に愛される取り組みを考察しました。その過程で得た知識と、地域の課題解決に向けた取り組みを考える実習で得た調査力等を活かして働いていきたいということをアピールし、ついに幼い頃からずっと夢に見てきた鉄道業界から内定をいただくことができました。今後も追手門学院大学の地域創造学部で得た知識や問題解決力を活かし、より地域の人々に愛される鉄道会社づくりのために頑張っていきたいです。

大学での4年間、たくさんの経験をして
有意義な学生生活を送ってください。

大学と言えば自由な時間が多いというイメージを持つ方もいると思います。もちろん学部や授業の組み立て方にもよると思いますが、実際に自由な時間が多かった印象です。得た時間を勉強に使うか、アルバイトに使うか、友達と遊ぶかは人それぞれですが、私の場合はよく旅行していました。地域創造学部にいたこともあり、旅行中に地域の伝統的な建物などを見ると、その保存法について考えることが多くなりました。その時に考えていたことや感じたことは、卒業論文の執筆だけでなく就職活動にも役立ちましたし、内定をいただいた鉄道会社で実際に働く際にも必要なことだと思います。時には大変なこともあるかもしれませんが、たくさんの経験をして、考えて、ぜひ有意義な学生生活を送ってほしいと思います。

検索結果にもどる