+Career

グループワークで 発言できなかった 悔しさが 成長の起爆剤に。

インターンシップ先 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

国際教養学部 国際教養学科 3年

新居田 梨紗さん

日本航空高等学校 出身

(取材内容は2018年11月時点のものです)

意見を言えなかった悔しさをバネに努力を重ね、
グループワークへの苦手意識を克服。

就職活動を前に、世の中のお金の流れを勉強しようと思い、外資系証券会社のインターンシップに参加しました。インターンシップでは、まず株の仕組みや債券、証券会社で扱う商品を勉強した後、実在する会社を例に、株価が上下するプロセスを考えるグループワークが行われました。周囲の学生が自分の意見を持ち、積極的に発言をする中、私は説得力のある意見を発言することができませんでした。ロジカルシンキングや教養の必要性を痛感し、悔しさをバネに意欲の高い学生を対象とした学内の特別セミナーである「優駿塾」に参加しました。そこで苦手意識のあったグループワークの練習を重ね、論理的に考えるための対策を行いました。以降はさまざまな会社のインターンシップに参加し、徐々に自分の意見を言えるようになりました。

ひとつでも多くのことを吸収する。
能動的に動けば、自分の成長につながる。

インターンシップを受けていなかったら、おそらく自分の苦手分野に気づくことなく、就職活動本番を迎えて苦労をしていたと思います。辛く、悔しい思いをしましたが、この経験があったからこそ、就職活動に向けて事前に対策を立てることができました。他大学の人が集まる場で、自分の実力を客観的に把握するためにも、インターンシップへの参加はお勧めです。
最後に伝えたいのは、決して「受け身にならないこと」です。追手門学院大学は就職サポートがとても手厚く、利用する学生は多いと思いますが、大切なのは「そこから自分が何を得て、どう動くか」。参加しておけば大丈夫、という考え方はあまりにももったいない。せっかくさまざまなプログラムが用意されているのだから、ぜひひとつでも多くのことを吸収する心構えで能動的に動き、有効活用してほしいと思います。そうすれば自分の成長につながり、納得のいく活動ができるのではないでしょうか。

検索結果にもどる