+Career

将来を決める チャンスが豊富 機会をものにする 支援が充実

大和証券株式会社 内定

国際教養学部国際教養学科 4年

大嶋 里紗さん

大阪府立貝塚南高等学校 出身

(取材内容は2017年11月時点のものです)

思いもよらなかった証券会社への就職
大学での企業説明会がきっかけだった

国際教養学部からは一見、縁遠いように感じられる金融業界、それも証券会社に私が就職することになるなんて、入学時には思ってもみませんでした。私が初めて金融業界に進もうと思ったきっかけは、追手門学院大学で催された企業説明会です。就職活動にあたって幅広い業界を知ろうと考え、金融業界の方のお話を聞いたとき、「金融業界の堅苦しさ」という私の先入観が解消され、むしろスムーズに業界に関心を抱くことができました。特に大和証券の方の「資産運用だけでなく、海外の貧困を救うためのCSR活動にも取り組んでいる」というお話に、国際教養学科の学びを活かせそうだと感じ、就職を意識するようになりました。これから証券会社で働くことは自分でも驚きです。でも予想外の道が開けたのは、追手門学院大学に多くのチャンスやきっかけが用意されていたからだと思います。就職後はさまざまなことに挑戦して、自分が思っている以上の成長を続けたいです。

チャンスを結果に結びつけられた
大学の就職活動サポート

金融業界との出会いというチャンスを、就職というひとつの結果に結びつけられたのは、大学のサポートがあったからです。3年次の秋学期に行う就職支援講座「アドバンストセミナー」では、自己PRの準備や面接の注意点などを学び、就職活動の開始までにしっかりと準備を整えることができました。特にセミナー講師の方からいただいた、「まず自分の軸となるPRポイントを見つけ、その伝え方を志望業界に合わせて考えていきましょう」というアドバイスは、自分の強みを最大限にアピールする際にとても役立ちました。採用面接で「就職活動の軸はなんですか?」という質問に明確に答えられたのは、内定をいただくことのできた大きな理由だと思います。

検索結果にもどる